川西ロータリークラブ 卓話

 卓話者:池永 済会員

アベノミクスについて

 
アベノミクスとは2012年12月に発足した第2次安倍内閣の経済政策のことで「3本の矢」を柱としている。
3本の矢は
1 金融政策…大胆な金融政策
2 財政政策…機動的な財政政策
3 構造改革…民間投資を喚起する成長戦略からなっている。
1番目の金融政策はバブル崩壊後20年における不況の最大要因はデフレで、このデフレを脱却する為に2%のインフレターゲットを日銀に掲げるよう働きかけ、日銀の黒田総裁になって異次元の金融緩和がなされた。これによって円は1㌦80円から100円と円安となり日本の輸出が良くなった。
2番目の財政政策では13兆1千億円の補正予算を決定し東日本大震災の復興費に3兆8千億、通学路の安全対策等「くらしの安全、地域活性の為に3兆1千億円、再生医療の実用化支援等に3兆円etcを出した。
3番目の矢、構造改革では民間投資を喚起する成長戦略として産業競争力会議に7つのテーマを決めた。
 1 産業の新陳代謝の促進
 2 人材力の強化
 3 立地競争力の強化。特に経済特区
 4 経済的なクリーンエネルギーの開発
 5 健康長寿社会の実現
 6 農業の輸出拡大、競争力の強化
 7 科学技術イノベーション、ITの強化
以上の政策が順調に進むかどうかで日本の将来がかかっているし、世界から注目されています。
一覧はこちら