川西ロータリークラブ 卓話

 卓話者:藤田清純会員

趣味三題

1 勝ちは勝ち、負けは負けなのに
私は、天頂の碁3( アマ高段者レベル)を使用して、PCで碁を楽しんでいます。同時に関西棋院プロ4段の女性囲碁棋士に月に一度ご教授願っていますが、この先生には3子(ハンデイ)で、1/3ないし1/4位しか勝てません。でも、負けても腹が立ちません、相手が先生ですから。また、仲間と戦って負けてもそんなに悔しいこともありません、腹が立つこともありません、悔しさの前に、あの手が間違いのもとだったと反省が先に立ちます。
人間と対局して負けてもそんなに腹が立たないのに、PCソフトと対局し負けると、無性に、やたらと腹立たしく口惜しい、同じ負けなのに不思議です。相手の顔が見えないと自制力が働かなくなるのだろうか? PCソフトを馬鹿にして、負けるはずが無いと、驕っているからなのかと疑問に思つています。
将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが互角の条件(平手)で5人対5ソフトの対抗戦を行う第2回電王戦があり対戦成績は3勝1敗1分けと、コンピューターソフトがプロ棋士を圧倒した。
対戦した棋士は、阿部四段(18)、佐藤四段(30)、船江五段(25)、塚田九段(48)、三浦八段(39)です。
コンピューターソフトは、習甦(しゆうそう)、ponanza、ツツカナ、Puellaα、GPS将棋です。
私はこの対抗戦を注目していました、もしプロ棋士が負けたらどのような感情を持つのだろうかと非常に関心があったのです。この対抗戦中に、コンピューターソフトにはじめて負けた、棋士佐藤四段、勝ったソフト「ponanza」(去年、コンピューター将棋の世界選手権で4位。)のコメントに注目しました。
新聞によれば、対局のあと、勝った将棋ソフトを開発したプログラマーの山本一成さんは「かなりの熱戦で、興奮しています。非常に光栄なことだと思っています。たまたま運が味方しました。」と話していました。ソフト作成者のコメント、これは額面どおりでしょう。
負けた佐藤四段のコメントは私には興味深かった、「コンピューターは強いと思いました。自分の中で、もう少しやれたと思いますが、結果を受け止めます。方針をしっかりと1つ決めていれば、勝てる局面があったと思います。」とコメントしていました。
普通、人対人対局において、勝つた時の新聞コメントは、「幸いしました。」、負けたときのコメントは「もつと研究しないといけません。」とか「ポカが出ました。」とか、兎に角短いものです。このPCソフトに負けた棋士のコメントは、口惜しさが前面に出ていると私は思います。プロでも、PCソフトに負けたときと、人に負けたときでは、私同様感情の出方が違うんだ、コメントも常とは違うのだということを知りました。プロと私のようなアマでは比較にならないが、同じ人間だとなんとなく安心しました。
現在、囲碁のPCソフトは将棋PCソフトほど高いレベルではないようですが、アマチュアの手に余るほどのレベルには達しています。私は、囲碁のPCソフトに負けが込むようになると、きっとPCソフト対局をしなくなるだろうなと思っています。趣味で楽しみでしているのに、無性に、やたらと腹が立て口惜しい思いをするのは間尺に会わないですからね。それと同時に、もっと人間を磨くことのほうが大事かなとも考えますが。
一方、パソコンゲームなどにのめりこむお子達は、うまく感情コントロールが出来ているのだろうか?切れやすい子達、大人達が多いことと、パソコンゲームの氾濫とは無縁なのだろうかな?と案じてもいます。
2 東西の駅名
宮脇俊三の著書に「時刻表2万キロ」があります、所謂鉄道の「乗りつぶし」、「乗り鉄」の走りになった書物です。時刻表2万キロとありますように、S55年3月31日現在の国鉄全線の総延長距離は20809.7キロもありました。これは、地球のほぼ半周に匹敵します。
これが国鉄民営化により8社(JR北海道、東日本、東海、西日本、九州、四国、貨物そして清算会社)に分割されるなどの変遷を経て、現在、総延長についていろいろな数字が出ていますが、所沢秀樹著「鉄道地図残念な歴史」によると17844.4キロに減少したとある。約3000キロ短くなったことになる。
たいした減少じゃないね、おっしゃる方もいるでしょう。言い換えて見ます、「日本の領土に匹敵する長さがなくなったのですよ(稚内~鹿児島)。」。少しは驚くでしょう。
こんな風に、鉄道には興味深いことが一杯詰まっていて雑学的好奇心がつきません。当然線路が無くなれば、駅の数も減ります。今日は駅の名前に興味を向けたいと思います。
兵庫県内に、「口」のつく駅がJR、民鉄合わせていくつあるか。時刻表などで調べました。
JR 篠山口 船町口 甲子園口 
阪急 西宮北口 宝塚南口 川西能勢口 苦楽園口
神鉄 道場南口 すずらん台西口 有馬口
北条鉄道 法華口
ポートライナー アイランド北口       計13駅 
東銀座や西武新宿のように、本家の駅(銀座や新宿)の近くにありながら、東西南北や上中下、新、旧国名、私鉄会社の略称などを前につけて、本家と区別している駅は数え切れないほど多い。北は南稚内(JR宗谷本線、北海道) から南は西大山(JR指宿枕崎線、鹿児島県)までくまなく分布しているといってよい。
 ところが、本家の地名の後に口や東口、上口など、「口」をつけて本家と区別している駅(路面電車を含む)となると、その数はぐつと減る上に、分布地域が偏ってくる。都道府県別に見て最も多いのは兵庫県で13駅、次いで愛知県と京都府の11駅、大阪府の9駅、奈良県の8駅、岐阜児と富山県の7駅と続く。
全体的に東海、北陸から近畿にかけての一帯に集まっており、近畿以西の西日本にも見られるが、新潟、長野、静岡各県以東の東日本では、全部合わせても十一駅しかない。 
東日本には「ロ」のつく駅が少なく、関西には「口」のつく駅名が多いのは、古より京都では街道の関所を「京の七口」と呼んでいたので、関西は関東よりその文化の影響をより強く受け京周辺、近畿に口のついた駅名が多いのだろうと私は推測しています。 
3 植物大好き、花大好き
この部分は、紙面上の都合もあることなので省略します。ご興味のある方は、Facebookをごらん下さい、また、ご希望の方には、Facebook掲載のつど、コピーを差し上げたいと思っていますのでおっしゃって頂けると嬉しいです。




一覧はこちら