川西ロータリークラブ 卓話

 卓話者:三宅圭一会員

最近の薬大生事情 実務実習を通して

平成18年に薬学6年制がスタートしました。早いもので、その1期生が今年の春卒業し社会に出てきました。
そもそも、なぜ6年制になったのか?
日本の薬学部のカリキュラムは今まで基礎薬学が中心で、臨床を学ぶ時間が少なすぎたこと。他の先進国では6年以上の教育を受けないと薬剤師にはなれないこと。医薬分業が進む中、薬剤師の責務も大きくなり社会のニーズが多様化していることも挙げられます。
 2年間就学年数が延びて、カリキュラムがどのように変わったのかといいますと、1年生~3年生までの基礎薬学はそのままで、3年生~4年生にかけて臨床薬学を学びます。
4年生が終わる時点で、共用試験(学科と実技)を受けて合格すると5年生時に病院と薬局に実務実習に出ることができます。その後、6年生になると卒業研究と国家試験対策に追われるといった6年間です。
私たちのころのように、大学生活をエンジョイするといった余裕はあまりありません。そのあたりは気の毒です。
 ですが、学生が実務実習で得る経験は貴重なもので、現場では大学で学んだ知識・技能がどのように生かされるのか。また、患者や医療関係者とのコミュニケーションの重要性に気が付きます。
 実務実習を終えた学生の感想をもとに現場で教育を担当する薬剤師の資質も向上していきますと一丁二石です。教える側も教えられる側も、共に学んでいけると素晴らしいと思います。
一覧はこちら