川西ロータリークラブ 卓話

 卓話者:北川博崇会員

くすりについて

入会して、まる2年。初めての卓話です。宜しくお願いします。
くすりは、大きく分けて2種類あります。皆さんが、ドラッグストアに行かれて購入されるお薬(OTC)と、お医者さんに行って頂くお薬です。
売上ですが、ドラッグストア最大手のマツモトキヨシでも3000億程度です。大手コンビニ、セブンイレブンの売り上げは約3兆円、ローソン1兆9000億円。桁が違います。また、調剤薬局最大手のアインファーマシーで、売り上げは1200億円。店舗数も500店舗です。コンビニと比べて申し訳ございませんがセブンイレブン14000店舗。ローソン10457店舗です。
では、一体国内の医薬品の売り上げってどんなものでしょうか?全体で9兆5000億円です。
病院で3兆7千億円。開業医で2兆3千億円、調剤薬局で3兆5千億円。またまた出てきますがセブンイレブン1社の売り上げは3兆円です。
ではこの9兆500億円にのぼる医薬品はだれが作っているのでしょうか?それは言わずと知れた製薬会社ですが、皆さん、どんな会社があるかご存知でしょうか?
日本国内で1番売り上げているのは武田薬品ではなく、アメリカの会社です。そして、本日お話をするバイアグラを開発して販売している会社です。
さて世界で言えばどうなっているでしょか?やはりファイザーが約5兆円とガリバー企業です。日本で一番大きく有名な武田薬品でも売り上げが1兆4000億円、14位です。この数字覚えておいてください。
さて、こう言った製薬会社から世に送り出されている医薬品にはどんなものがあるでしょか?
世界で1番売れている医薬品は“リピトール”
これは高脂血症治療薬です。この売上高は1兆円です。たった1つの薬で1兆円を毎年売り上げています。4年前は1兆4000億円売り上げていました。なんと、リピトール1剤の売り上げの方が武田薬品全体の売り上げより大きかったんです。
そして、本日話をする“バイアグラ”は年間1千億円の売り上げがあります。元々は心不全の薬として開発された経緯があります。
EDの可能性がある人が推計1200万人と言われています。日本の人口は1億2000万人。その中で男性は半分として6000万人です。と言う事は5人に1人はEDと言う事になります。またEDの原因となるリスクは大きく3つに分かれます。
・一般…加齢・喫煙・肥満
・疾病…高血圧・糖尿病・うつなど
・薬剤…降圧剤・抗うつなど
加齢はだれも逃れる事は出来ません。ただし、喫煙と肥満はある程度コントロールできます。上のリスクファクターを見る限り、結構な可能性でEDになりそうです。
EDの治療法は様々ですが、10年前からEDには、まずバイアグラを筆頭とするED治療薬になっています。世界130カ国で発売され、のべ23億錠、1秒に6錠処方され、3500万人の男性に用いられています。しかし、インターネット上では偽物もかなり出回っています。必ずパートナーと共に医療機関で診て頂き処方箋を貰って下さい。
一覧はこちら