川西ロータリークラブ 卓話

 卓話者:森友 潔会員

海上自衛隊 イージス艦

 2010年10月28日、イージス艦「きりしま」はハワイ沖で大陸間弾道弾の迎撃試験を見事に成功。「きりしま」の放ったミサイルは、6発の大陸間弾道弾すべてに命中。弾道弾を宇宙空間で迎撃した。これは世界発の快挙。飛んでくるピストルの弾を、ピストルの1発射撃で撃ち落とすより難しいといわれています。日本ではあまり報道されませんでしたが…
私は昨年9月24日に神戸第3埠頭からこのイージス艦「きりしま」に乗船しました。平成7年就航。建造費は、1400億円。三菱重工業製。7250トン、161メートル、幅21メートル。定員は300名。エンジンはガスタービン4基。馬力は10万馬力。

―ちなみに、「イージス」とは、イージスシステムと呼ばれる最新鋭の防空システムを備えた護衛艦。イージスとは、ギリシャ神話に登場する神々の統領ゼウスが、娘のアテナに与えた「盾」の名前であり、この盾は一切の邪悪を払うと伝えられている。―


現在日本には、こんごう、きりしま、みょうこう、ちょうかいの4隻があります。
船内ではまず操舵室を見学しました。15、6名の方がヘッドホンをつけて動き回っています。進行方向に向かって左側が指揮官、右側が艦長。階級で言いますと、艦長は一佐(大佐)。その後それぞれ階級別になっている食堂などを見学しました。
船内は7階建てくらの階層になっていますが、すべて手摺のない大変急な階段でした。また各層ごとにハッチが取り付けられておりました。

当日は写真のように隊列?を組んで航行しました。そのため、淡路島周辺の漁は全てストップさせられたそうです。


ところで話は変わりますが、自衛隊は階級によって定年が決まっており、早い人では53歳で退職されるそうです。真面目で各種免許を持った方が多いので、ぜひ皆さん雇用を考えて頂いて、自衛隊地域援護センターへ連絡されたらとても喜ばれると思います。
一覧はこちら