川西ロータリークラブ 卓話

 卓話者:荒木健作会員

タブレット端末を有効活用しよう

⒈はじめに
私は、保険の代理店業務を営んでおりますが、最近iPadを購入し、仕事に、また、プライベートにおいて、大いに活用しております。今日は、その一端を皆様にご紹介し、豆知識として、また今後その活用を検討される際に、お役に立てればと考えております。さて、タブレット端末の話の前に、スマートフォンというものについて少し情報を共有しておきたいと思います。
⒉スマートフォンについて
2011年の携帯電話市場では、スマートフォンへのシフトが急速に進みました。携帯電話出荷台数の約45%がスマートフォンでした。
〇スマートフォンとは
個人用の携帯コンピューターの機能を併せ持った携帯電話。smartとは、賢いという意。マルチタッチ方式の特許取得。
〇業界について
搭載されているOSによる分類
①iOS
Apple社による開発
特徴:ハード~ソフトまで、Apple独占
②android
google社による開発。
特徴:システムを無料で配付
Appleとgoogleのビジネスモデルに違いがある。ウェブ・サービス事業者であるgoogleとしては、より多くの人にgoogleのホームページにアクセスしてもらいたい。一方で、Appleは、ハードとソフトを利用してもらいたい。
⒊タブレット端末とは
薄い板状のコンピューターで、ほとんどのものは画面を直接触って操作するタッチパネル方式を採用している。アップルが昨年春に発売した
「iPad(アイパッド)」が爆発的なヒットとなり、世界中のメーカーが追随している。
〇タブレット端末で出来ること
①メール、ホームページ
②文書作成、編集
③画像、映像の編集
④スケジュール管理
⑤プレゼン 等々
見やすく、いつでもどこでも操作ができる
〇実際の活用例紹介
①地図検索
②書籍購読
③スケジュール管理
〇市場動向
タブレットやスマートフォン業界は今後、ますます、市場拡大が見込める。
〇最後に
タブレット端末を括用することで時間と空間を効率化出来る。
①いつでもどこでもメール、文書作成。
②書籍、新聞のデータ化により、省エネ、
省スペース化が図れる。
一覧はこちら